身につければ一生もの!?フレンチ会食で使える紳士的テーブルマナー

あなたは「フレンチ」や「テーブルマナー」について、どこまで知っていますか?
「色々な決まりがあるとは知っているけれど、今まで機会がなかったり、苦手意識があったりで、実際にどうしたらいいのかわからない・・・。」
という方も多いのではないでしょうか。
しかし年配の方・目上の方・ビジネスマンなど、マナーについて詳しい人との食事の際、
あなたの振る舞いによっては、マナーができてない!!などと指摘を受けてしまうかもしれません。
そうなったらせっかくの食事も楽しめないし、料理が美味しくなくなってしまいますよね。。。
この記事では日本のフレンチレストランにおける正しい「テーブルマナー」について
レストランへの入店から退店まで徹底的に解説していきます。
フレンチのマナーについて自信がない、しっかり学んでおきたい、という方はこの機会に
是非正しいマナーを習得して、堂々と余裕のある大人にランクアップしましょう!!!

1章 フレンチにおけるテーブルマナーの基本

1-1 基本の服装はフォーマルなスタイルで!

出典:https://dress-cons.com/ikina/?p=14849
日本では正式なドレスコードを指定されるお店はめったにありません。
ただ、利用する時にはお店にふさわしい服装で出かける方が楽しめます。
また、その中でもお店のクラスに合わせるとよいので「このくらいの服装がベター」
という目安をそれぞれご紹介します。

① 最高級フレンチレストラン(三ツ星レストランなど)
◆女性
〇ジャケットorスーツ、ワンピース
〇ヒール、パンプス
出典:http://xn--cckbuf9de9iydo2mwbwa0is591cjfvbom5cb9mhy6jixn.com

◆男性
〇ジャケット、Yシャツなどの襟付きのトップスorスーツ+ネクタイ
〇革靴
出典:https://motivation-upgrade.com/ryuukou0209/ 

※男女ともにジーンズ・スニーカーなどカジュアル過ぎるものは避けましょう。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA 

②高級フレンチレストラン(ホテルレストランなど)
◆女性
○ジャケット、ノースリーブワンピース
〇パンプス、ヒールサンダル
高級レストラン出典:https://cookbiz.jp/soken/life/dress_code/

◆男性
〇ジャケット、Yシャツなどの襟付きのトップスorスーツ(ネクタイなしでもOK)
〇革靴
※男女ともにジーンズ・スニーカーなどカジュアル過ぎるものは避けましょう。

高級レストラン
出典:https://www.rte.ie/lifestyle/fashion/2013/0606/454913-40-fantastic-fathers-day-gifts/

③一般的なフレンチレストラン
◆女性
〇カジュアルジャケット、肩開きニット、キャミソール、ワンピース、ジーンズなどカジュアルOK
〇パンプス、サンダル、ヒール付きブーツ、スニーカー

一般的なレストラン
◆男性
〇ジャケット+Tシャツ、ポロシャツなどカジュアルOk
〇ロングパンツ、ジーンズ

〇革靴、スニーカー
※男女ともに穴の開いたジーンズ・ショートパンツなどは避けましょう。
出典:http://www.neqwsnet-japan.info/?p=773 

1-2 レストランへの入店~着席までの流れ

まず念頭に入れておきたいのは、女性がいる場合は全てレディファーストで。
①入店時
出典:http://form.allabout.co.jp/tips/2191/ 
お店に着いたとき、ドアを開けるのはお店の人または男性の役目です。

また、入店後食事をする席へはお店の人が案内してくれるのでそれに従います。
カップルの場合は、女性が先に歩くように、男性が一歩下がってエスコートしてください。
※コートを着ている場合はお店に入る前に脱いでおきましょう。

②着席
出典:https://prmrsv.com/contents/manners/west.html 
お店の人が女性を上座に案内するので、女性は迷わず上座に座りましょう。
男性は女性が座ってから座るようにします。
そして、座るときは左側から座るようにしましょう。

出典:https://prmrsv.com/contents/manners/west.html
イスの横に立ち椅子を引いてもらったら、イスとテーブルの間に入ります。

出典:https://prmrsv.com/contents/manners/west.html
イスがひざの裏に触れたら、ゆっくりと腰を下ろすことで後ろを振り向かないで着席できます。
テーブルと体の間に握りこぶし2つ分くらい空けて座ります。
深く腰をかけて、背筋はピンと伸ばしましょう。

1-3 ナプキンの正しい使い方

①ナプキンの準備
ナプキン 折り方出典:http://www.table-manners.org/nyuten_chakuseki/
ナプキンは自分が座る席のテーブルの上に置いてあります。
席に着いたら飲み物や料理が運ばれてくる前に、ひざにかけておきます。
その際にナプキンを長方形になるように半分に折り、折り目をお腹側にしてひざにかけるのが、正しいマナーです。

②食事中での使い方
ナプキン
出典:https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/3/5/7/napupu.jpg
口元の汚れをふき取りたいときは、半分に折ったナプキン裏側(内側)の部分でふきましょう。
そうすることで、汚れのついた面を隠せてキレイにうつります。
また、料理の油分がグラスに付いてしまうと、ほかの料理やワインなどの本来の風味や
味覚を損ねてしまうおそれがあるので、きちんと口元を拭いてからいただくと良いでしょう。

③席を外す時のナプキンマナー
出典:https://www.pinterest.jp/pin/280841726741737913/?lp=true
席を外すときのナプキンは、イスの上に置いて問題ありません。
丁寧に綺麗に畳むのではなく、簡単に畳んでおけば良いでしょう。
イスの上に置いておくことで、まだ食事中であるというサインに替えることが出来ます。

1-4 ナイフとフォークの基本的な使い方

①持ち方
◆ナイフ  右手(利き手)
◆フォーク 左手(利き手と逆の手)
ナイフ・フォーク共に、人差し指を添えるとキレイかつ安定して持つことができます。

②使う順番
コース料理に従って、テーブルに置いてある外側のものから順番に
一本ずつナイフとフォークを使います。
(もし、順番を間違えてしまった場合でもそのまま食べてから足りない食器は
補充してもらえば大丈夫なので安心してください。)

③持ち替え
出典:https://medicommi.jp/16167 
サラダなど、フォークで刺して食べるよりフォークに乗せた方が食べやすい場合は、
フォークの裏表を逆にして持ち替えても良いです。
また、左手にフォーク、右手にナイフを持ってステーキをカットしたとします。
カット後にナイフをお皿の上方に置き、フォークを右手に持ち替えて肉を刺して食べるのはOKです。

④置き方
 食事の途中は、フォーク・ナイフを「八の字」に広げて置きます。
ナイフは刃を内側に、フォークは背を上に置きます。
ただし、あまり手前に置きすぎるとバランスを崩して落ちやすいこともあるのでしっかり確認しましょう。

出典:https://www.luckywood.jp/products/serviceitem_kniferest.html 
フォークとナイフを置くナイフレストがある場合は、一皿終わるたびにナイフレストに乗せます。
ナイフは刃を内側に、フォークは背を下にします。

1-5 グラスの扱い方

<グラスに注いでもらうとき>
出典:https://cdn.macaro-ni.jp/image/summary_body/4/4156/3445582aa381d88d5276c677487e7cd3.jpg
フレンチでは、ワインを注いでもらう時も、お水を注いでもらう時もグラスはそのまま。
注がれているときに手を添えたり、グラスを持ったまま注いでもらうことは控えるようにましょう。
テーブルの上に置いたまま、あなたは見ているだけでいいのです。

<グラスの持ち方>
冷やしたものや、常温でいただく飲み物はなるべく体温で温まってしまわないよう、グラスの脚部分を親指・人差し指・中指の3本でしっかり持ちます。
この時、なるべく上側を持つようにすると安定しやすいでしょう。

<
乾杯するとき>
楽しいお食事の始まりに、乾杯はお勧めです。
その際に、グラス同士を合わせる人がいますがフレンチでは控えましょう!
クラスの高いレストランであればあるほど、繊細なガラスのため割れやすいのです。
 そのため乾杯するときは上記のようにグラスを合わせずに、持ったグラスを自分の目の前に掲げてアイコンタクトで
「乾杯」をします。もしくは軽く会釈をする程度にしましょう。        
また、乾杯のときにグラスの中身を飲み干してしまうのもマナー違反です。
お食事のスタート時にこのような事態にならないように、乾杯はスマートに、そして上品に行いましょう。

<
グラスが空になったら>
ワインでもお水でも空になったり、少なくなるとお店の人がすぐに気づいて注いでくれます。
仮にすぐに気づいてくれない場合は、軽く手を上げるかアイコンタクトで合図をし、
お店の方に注いでもらって下さい。自分で注ぐのは控えましょう。

<もう結構です>のサイン
出典:http://best-times.jp/articles/-/3247?page=3 
口頭でも問題ありませんが、グラスの上部分に軽く手をかざすと「もう結構です」のサインとなります。
具体的にはワイングラスのふちに、人差し指と中指を当てます。
手のひら全体で遮ってしまうとタイミングによっては、こぼれてしまうおそれがあるので控えましょう。

1-6 食べ終わり~レストラン退店まで

<食べ終わったあと>
①ナイフとフォーク編

食事が終わったら、ナイフとフォークを皿の上に斜めにそろえて置きましょう。
目安としては420分または3時に柄が来るように置くのがフランス式マナーです。
置き方を間違えてしまうと、食べている途中なのに下げられてしまった、なんてことになるため、
しっかりと覚えておきましょう。

②ナプキン編
フランス料理を食べ終わって、そのレストランから帰るときには、使用していたナプキンをテーブルの上に置きます。
あえて形を崩す必要はありませんが、キレイにたたんだりせず自然に置いておくことで、
ナプキンをたたむことを忘れてしまうぐらい、食事が美味しかったという意味を込めることが出来るのです。

③レストランの退店
フレンチレストランにおいて、デザートを食べ終わったあとも、コーヒーや紅茶などの
飲み物を飲み終えるまで食事は続いているとみなされます。
そのため、食後すぐに席を立ち、レストランから帰ろうとするのは基本的には
マナー違反となるので気を付けましょう。

2章【料理別】フレンチでの食べ方マナーを基本コースの流れに沿って徹底解説!

2-1 アミューズ(突き出し)

出典:http://www.r-muto.jp/blog/index.php?eid=30 
居酒屋で言うお通しに当たるのがアミューズです。
日本ではウェイターが取り分けたり、取り分けられた状態で運ばれてきます
一緒に添えられた、小さなスプーンやフォークで食べます。

2-2 オードブル(前菜)

出典:https://mi-journey.jp/foodie/23900/
小さなものはそのまま突き刺して食べます。
大きめのレタスなどはナイフで切ってから食べてもOKです。
また、ナイフを使って葉類を折り、厚みを持たせるとフォークで上手に刺すことができ食べやすくなります。

2-3 スープ・パン

①スープ
出典:http://www.fujiyahotel.jp/enjoying/gourmet/01/index.html 
まず、すくう量はスプーンの3分の2を意識しましょう。
満杯まですくってしまうと、口に運ぶまでの間にこぼしてしまうことがあります。
フランス式では奥から手前に向かってすくいます。
スープを飲むときにこぼさないよう顔を皿に近づけがち(いわゆる犬食い)になりますが、
あまりいい印象を与えませんのでスプーンを口に運ぶようにして、「ズズッ」という音をたてないように飲みます。
飲むときはスプーンを口に含むのではなく端から口の中へ流し込むようにするのがベストです。

②パン
パンは、最初から置かれている場合はスープが出たら食べ始めるようにします。
途中で出される場合は、運ばれてきたときが食べるタイミングです。
また、パンは一口で食べられるサイズに直接手でちぎって食べます。

出典:https://www.hn-online.jp/column_manners/vol14.html
バターについては、必ずバターナイフかバタースプレッダーを使います。
使い終わったバターナイフ等は、刃先を自分の方に向け、パン皿に置きます。
※スープにつけて食べるのは、マナー違反なので控えましょう。

2-4 ポワソン(魚料理)


季節の魚介がグリル(鉄板焼き)や、ブレゼ(蒸し魚)などさまざまな調理法で出されます。
ほとんどは頭や骨がはずされ食べやすく調理されています。
ソースが多めのものには、ソーススプーンが添えられることがあります。
左からナイフで一口サイズに切って、フォークで食べます。

<丸ごと魚が出てきた時の食べ方>
1、フォークで身を押さえ背骨に添ってナイフを入れます。
2、手前の上身を骨からはずし、左端から切って食べます。そのあと向こう側の上身を手前に持ってきて同様に食べます。
3、表側の身を食べ終わったら、骨の下にナイフを入れ、頭と一緒に向こう側に置き下側の身を食べます。

わかりづらい場合は、下記に動画をいくつか載せておくので、参考にしてみてください!

◆平目の食べ方

参照元:
https://www.youtube.com/watch?v=1HJ6DlNltYE 

◆ニジマスの食べ方

参照元:
https://www.youtube.com/watch?v=eIQhTlAWpA8

◆鮭の食べ方

参照元:
https://www.youtube.com/watch?v=huWBHQox4YA 

2-5 ソルベ(口直しのシャーベット)

小さな器に盛りつけて出されるシャーベットです。
あくまでも口をさっぱりさせるという意味のもので、デザートではありません。
器は持ち上げずに、備え付けのスプーンで食べます。

2-6 アントレ(肉料理)

出典:http://mi-journey.jp/foodie/28048/ 
お肉は左端から食べやすい大きさに切って食べます。
最初に全部切ってしまうと、冷めやすいだけでなく肉汁も出てしまうので、その都度切りましょう。
骨つき肉は、なるべく骨の近くにナイフを入れて切り離し、同様に左端から一口ずつ切ります。
また、つけ合せの豆類は、フォークの背でほんの少し潰してみて下さい。転がらずに上手くすくえます。

2-7 デセール(デザート)

デザートはアイスクリームやプリンなど簡単に食べられるものもありますが、ケーキや皮付きフルーツなど、
食べ方にコツのあるものをピックアップしてご紹介します。
出典:http://tg-uchi.jp/topics/4699 
ケーキはフォークを使ってひと口分ずつ切り分け、刺して食べます。フォークを上から刺す場合は、
ケーキに対して垂直に刺し、そのまま手前に倒して切り分けます。

更に詳しく↓↓↓
定番の三角形(扇形)のケーキ
ホールケーキを切り分けたケーキ。
三角形のケーキの形は先の細くなっているところからフォークを入れ、食べます。

円形のケーキ
丸いケーキやドーム型のケーキは手前側からフォークを入れていきましょう。
入れた断面を向かい合う相手に見せないようにするのもマナーです。

四角のケーキ
手前の左側から食べるのが正解と言われているそうです。お皿の上で倒れそうなものは、
あらかじめ倒してしまいましょう。一口ずつに切り分けて、フォークで刺して食べると良いでしょう。

メロン
出典:https://esse-online.jp/991
メロンは、フォークで端をしっかりと押さえ、ナイフで皮から12cm内側に切り込みを入れ、
皮からはずれたところを一口サイズに切って口に入れましょう。パイナップルも同様です。

バナナ
出典:http://www.hirobi.ac.jp/4609/ 
フォークとナイフを使って、バナナの左端、次に右端を切り落とします。バナナをフォークでおさえながら、
ナイフで皮を切っていきます。そしてフォークとナイフを使って、切れ目から皮を前後に開いてお好みの大きさに切って
食べましょう。実際皮付きのものがレストランで出されることは少ないですが、一応覚えておくといいかもしれませんね。

2-8 カフェ・プティフール(コーヒーと小菓子)

コースの最後に、コーヒーや紅茶など飲みものの希望を聞かれるので、好きなものを選びます。
飲みものと一緒にプティフールという小菓子が出てくることもあります。
また、砂糖やミルクを入れてかき混ぜたスプーンは、ソーサーの向こう側に置きます。
プティフール(小菓子)は全部食べなくてもかまいません。指でつまんでいただきます。


出典:https://ameblo.jp/y-horiuchi/entry-11342334092.html 
日本式でみかける、カップを持つときに、底に左手を添える行為はここではマナーとして好ましくないので気を付けましょう。

【コラム】こんな時はどうする!?


1
 そもそもオーダーの仕方がわからない (メニューを見てもわからない)
◆アラカルト(単品
)

まず、自分の食べたいメインの料理を選んで下さい。
魚料理なら、肉料理系の前菜、お腹のすき具合で、スープを注文し、デザートを選びます。
肉料理なら、軽い魚介系の前菜、そして、スープ、サラダで量を調整します。
この時、メニューの中でわからないものは遠慮せずに、何でもサービススタッフに聞いて下さい。
メニューに載っている料理は、わからないのが当然であって、スタッフもそれをわかっています。何も恥ずかしがる事はありません。

◆コース
コースの場合は、全て内容が決められているので、あとは内容と価格を照らし合わせてどのコースにするかを選べば問題はありません。
ただしアレルギーなど気をつけなくてはならない食材がある場合は、相談してみてください。

2 ナプキンやフォークなどを落としてしまったら?
物を落とす
出典:https://prmrsv.com/contents/manners/west.html
食事中、うっかり手を滑らせて、ナプキンやフォークなど落とすことがあります。
つい自分で拾ってしまいそうですが、これはフレンチのマナーとしては好ましくありません。
本来、フォーマルなレストランなら、落とした瞬間にスタッフが気づき、呼ぶまでもなくさっと取り換えてくれます。
すぐに気付いてくれない時はそっと手を挙げてスタッフを呼び、新しいものに交換をしてもらいましょう。
床の上に落ちたときだけでなく、イスの上に落ちたときも同じです。
スタッフはレストランの雰囲気作りにも重要な役割を果たしているので、気兼ねなくお願いをして問題ないのです。

3 苦手な食べ物が出てきたら?
嫌いな食べ物出典:http://gochamedi.com/2017/0718/222540
フレンチの場合、コースだと事前にどういう料理か分かる場合が多いです。
なので、もし苦手な食材があったらスタッフに伝えておき、外してもらうのがマナーです。
もしくはあまり食べられない場合、事前に少しだけに減らしてもらうこともマナーです。
フレンチでは、料理を残すことはマナー違反ではありませんが、やはり、シェフが一生懸命に作った料理を残すのは
あまり気分がいいものではありませんので、食べられない場合は事前に言って、外してもらいましょう。

3章 まとめ

今までの流れを簡単にまとめると、フレンチレストランにおけるテーブルマナーは、

・服装はお店のクラスによって異なる
・レディファーストを忘れずに
・ナプキンにも置き方や使い方に意味がある
・フォークとナイフは外側から順番に使う
・グラスは原則、スタッフに注いでもらう。乾杯時にグラス同士は合わせない。
・食べ終わってもすぐに帰らない
・料理別に、食べ方のマナーがある

大きく分けてこの7つはしっかり押さえ、大人としてのテーブルマナーを習得し、以前のあなたよりも確実にレベルアップしましょう!

マナーというと、ついつい「ルール」だったり「NGな行為」ばかりを気にしがちです。
しかし、マナーとは本来、相手を敬う心遣いであるという本質を忘れないようにしたいですね。
食事の席でもどこでも、周囲への思いやりの気持ちは大切です。
また、フレンチでは食事中に適度に会話を挟むのも、正しいテーブルマナーです。

もちろんマナーは大切ですが、それだけにとらわれず、笑顔のこぼれるような食事を心がけましょう!!!

<参考元>
ビジネスの場でワインを選ばないあなたは損をしている|人生を変えるワイン学<http://best-times.jp/articles/-/3247?page=3>
フォークですくうのはNG!? 知っておきたい<ケーキの食べ方>マナー4つ|東京ガス ウチコト<http://tg-uchi.jp/topics/4699>
・フランス料理・フレンチを食べる時の服装マナー】春・夏・秋・冬・男性・女性|冠婚葬祭マナー<http://www.best-manner.com/tableManners/sahou/cloth-french.html>
フランス料理の食事マナーと服装|ナイフとフォークの使い方|mayonez<https://mayonez.jp/topic/3823>
フランスのレストランへの服装コーディネート|Jams Paris<http://jams-parisfrance.com/info/restaurant_dresscode/>
フランス料理のテーブルマナー~フレンチに行く前に知っておきたい3つのこと~|テーブルマナーの達人<http://meal-manners.com/western-food/french-cuisine>
私を磨くテーブルマナー-フランス料理-飲み物のオーダーから店を出るまで<http://www.table-manners.org/order_out/>
・テーブルマナー|フランス料理の楽しみ方|フランス料理博物館 プレジール・ドゥ・ラ・タブール<http://www.plaisirdelatable.jp/plaisir/manner.html>
テーブルマナー!フォークの順番は?この基本さえ押さえれば大丈夫!|情報カレンダー<http://jyohocal.info/table-manner-1403.html>
フランス料理のマナー【ナプキン編】|Miss Beautiful<http://niconicoland.com/france/>
・洋食・フランス料理の食べ方マナー [暮らしのマナー] All About<https://allabout.co.jp/gm/gc/3676/>
初めてのフランス料理で戸惑わない全料理別マナー|実用マナー講座マナパ<http://mannerpage.com/table/eufood/frenchflow/>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で